育毛剤のお勧めランキング10選

good news!


育毛剤のお勧めランキング10選

効果の高い育毛剤はどんなもの入ってるのか?

 

市販の育毛剤や養毛剤、結構高いです。研究費や材料費も入っているのでしょうが、普通のトニック等と比較すると倍以上します。トニックは水とアルコールそれに香料少し、それだけで何千円もするのですから驚きです。でも私たちはそれを作れません。

 

育毛剤や養毛剤は血行をよくする成分や栄養補給、細胞賦活作用、抗炎症、抗菌作用、毛母細胞、毛乳頭への作用等の効果を狙ったものが殆どです。

 

育毛のメカニズム

 

「5a-リダクターゼU型」

*先ほど「男性ホルモン」の所で述べましたように、「テストステロン=TS」という男性ホルモンの一種が「頭頂部」と「前頭部」にある、毛根の中の「毛乳頭」に多くある「5a-リダクターゼU型」に出会った途端、「ジヒドロテストステロン=DHT」という「髪の毛キラー」に変化して毛髪を「若死に」させるということはご理解いただけたと思います。この「悪玉DHT」は「善玉TS」よりも強力なホルモンですので、生成されると、頭皮に強力に働きかけます。
またその量も個人差があり、同じようにこのホルモンに対する「感受性」も一人一人違うことが解っています。

 

「悪玉DHT」

つまり「悪玉DHT」が少しあるだけで脱毛が始まる人や、ある程度の量になってから脱毛が始まる人がいるということです。
そして通常なら「5年」ある「成長期」が、たった「1年」で終わってしまい抜けていきます。つまり「早死に」です。
弱った「毛根」からは「3ヶ月後」に新しい毛が生えてきますが、又「1年」も経たないうち脱毛していきます。
それを繰り返すうちに、「毛根」は小さく縮んでいき、細く短く、色も薄い、よわ弱しい毛が増えていき、ついには「うぶげ」のようになり最後にはその毛根からは「新しい毛」が生えなくなってしまいます。
これらすべては、「髪の毛キラー」DHT=ジヒドロテストステロンが原因なのです。

 

「髪の毛キラー」DHT=ジヒドロテストステロン

ということは、これが無かったら「脱毛」は起きないのですから、この「髪の毛キラー」DHTの数を増やさないことが治療の手段になるわけです。

 

「毛乳頭」に多くある「5a-リダクターゼU型」

日本では、このDHTを増やす働きのある、毛根の中の「毛乳頭」に多くある「5a-リダクターゼU型」をブロックする薬が認可されています。
「a-リダクターゼU型」は「前頭部」「頭頂部」の「毛乳頭細胞」「毛母細胞」と「前立腺」のみにあります。もちろん育毛剤が、血行などをよくするのも、手段の一つであることは言うまで見ありません。

 

育毛シャンプーにはどんなのがあるか?

シャンプーは毎日、直接頭皮につけないで、髪につけます。その際、自分の頭皮にあったものをチョイスするがとてもに大切です。使おうとするシャンプーの種類によっては、育毛にプラスの効果もマイナスの効果もどちらも与えてきます。シャンプーにいかなる種類があるかを知り、自分の髪にふさわしい育毛効果の高いシャンプーの選び方を学びましょう。

 

シャンプーの種類は洗浄する成分や製造の手法によって、次の3つに大きく分けることができます。

 

高級アルコール系シャンプー

高給アルコール系シャンプーは、どこでも売っている普通のシャンプーです。良い香りがあったり指の通りが良くなったりと使い勝手はいいのですが、とても浄力が強いので頭皮を損傷してしまいます。添加物が大量に含んでおり、洗い残しとして、存在しており育毛対策には向いていません。

 

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーは、頭皮へ刺激が少ない、汚れもとく落とせるのですが、髪の毛がゴワつくがするのが欠点です。

 

アミノ酸系育毛シャンプー

アミノ酸系シャンプーは洗浄成分にアミノ酸系の天然成分を使用しています。植物から作られており、非常に頭皮にも影響がすくな、刺激もあまりありません。頭皮保護のためはある程度の分泌が必要な皮脂分泌もちょうどよくに調整できるので育毛環境改善にはよい環境をを作ることができます。

 

育毛トニックの効果は?

育毛トニックを販売する花王のサイトでは、「毛を太く育てて、抜け毛を防ぐ効果があります」と書かれています。ただ、本当に効果があるのか、あるとしたら具体的にどのような効果があるのか、よくわからないですよね?

 

そこでこの章では、
「育毛トニックには、実際にどのような効果があるのか?」を検証しました。育毛トニックで効果を実感した…87%サクセスで効果を実感しなかった…13%となっております。このように、9割近くの方が効果を実感したことはわかりました。

 

育毛 サプリはどんなものがあるか?

 

ベース系サプリメント

⇒髪に必要な栄養素を、単体もしくは複数配合したサプリ
⇒髪の成長を妨げる栄養不足を補うことができる

 

ヘルス系サプリメント

⇒栄養素に加え、抜け毛予防や毛の成長促進に役立つ成分が配合された複合系サプリ
⇒薄毛を進行させる@頭皮の栄養不足、A抜け毛、B頭皮の血行不良、をバランス良くサポートできる
薄毛はさまざまな原因によって進行するため、栄養補給だけでなく複数の原因にアプローチできる「ヘルス系サプリメント」がおすすめです。

 

ただし、商品には「ヘルス系」「ベース系」の記載がないため、下記の「ヘルス系育毛サプリの代表成分」が入ってるかどうかをチェックしましょう。

 

2種類に分けた成分が、それぞれ1つ以上入っていればOKです。

 

育毛剤は男性のためのものか?

育毛剤と女性

育毛剤 を比較しよう

育毛剤 は医医薬品

育毛 ビフォーアフター


究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク