髪のブローはいつ形がつくか?

good news!


髪のブローはいつ形がつくか?

 

 

 

*「ドライヤー 」「ホットカーラー」「ボブアイロン」…どれも「スタイリング」には必要なアイテムです。

 

上手く出来る時と、きまらない時があります。

 

そこで「髪はいつ形がつくか?」を知っていると便利です。

 

実は「髪 のスタイル」は「乾く瞬間に形がつく」のです。

 

「濡れている状態」でも「乾ききった状態」でも形はつきません。

 

特に「乾いた状態」の時は「髪が痛みます」ので御注意!

 

ですから「生乾き」の時の状態が固まると考えてもいいでしょう。

 

何故なら「濡れた状態」の時は「形がいくらでも変わる」からです。

 

理・美容師はこの原理を利用して、方をつけるときは

 

1.髪を希望の型にブラシで形付け、ブラシの部分にドライヤーで熱を加える。(この部分が特に形付けたい部分)

 

2.少し熱が冷めるのを待ってからブラシを毛先までゆっくり梳かしながら抜く。

 

この場合、熱が冷めない状態でブラシを移動させると型が戻りやすいので御注意。後は余熱で毛先までの型をつけます。

 

但し、「乾ききった状態」では「いくらブロー しても形は変わらず、痛むだけ」です。

 

さらに私は「全体をブローした後は、もう形が変わらないので、冷たい風で全体をもう一度乾かします」

 

こうすると、ささくれ立ったウロコ(キューティクル)が少し元に戻るのです。

 

又ツヤも良くなるということも聞いています。

 

 

こうしたちょっとしたことが「あなたの髪を守ります」

 

髪のブローはいつ形がつくか?関連ページ

ブローのコツ
ブローのコツ
髪と地肌にやさしいドライヤーのかけかた
髪と地肌にやさしいドライヤーのかけかた

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク