ブローのコツ

good news!


ブローのコツ

 

 

ブローをするときのコツ:

ブロー、美容室なんかでしていただくとなぜかボリュームが豊かで崩れません。どこに違うかというと、それは「根元の処理」なんです。美容師はまず根元を起こします。(理の場合は昔は毛を寝かす場合があったので「根元を殺す」といいました。)このとき大切なのは、

1)半乾きの状態ですること。
2)型をつけたら乾いて冷えるまで動かさない
3)毛を上げて根元だけを乾かす。


髪の毛は「かみが乾く瞬間に型がつく」ということがすべてです。これは毛先でも同じです。特に注意しなくていけないことは

*濡れてている時。
*乾ききったとき
には型はつかないということです.

つまり

ボリュームを出したいときは毛を起こして根元に当てる。
抑えるときは抑えてあるいは気を軽く折り曲げて当てる。

ということなんです。毛先は最後に余熱で伸ばしたりします。根元、毛先はブローの基本です。トライしてみたら?



 

*ご承知の通り、ドライヤーは、ぬれた髪を早く乾かしたり、カールするなど髪にクセづけしたり、髪をひっぱってクセを直したりするために使います。

 

注意したいのは、乾かしすぎ。ドライヤーの吹き出し口からは、なんと100℃以上もの熱風が出ています。髪は温度を感じないため、長くあてていても気づきにくいので注意が必要です。

 

ですので、ぬるい風に切り替えてセットしますと、髪は痛まず、自然な仕上がりになることも覚えていてください。

 

髪は正常な状態では、12〜13%の水分を蓄えています。ドライヤーでその水分を奪いすぎてしまうと、ツヤがなくなるだけでなく、枝毛・切れ毛の原因になってしまいます。

 

さらにひどい場合には、頭皮の角質まではがしてしまい、フケが出たり、炎症を起こしてしまったりすることもあります。

 

ドライヤーを使う時は、髪から15cm〜20cm離すこと。同じところに長くあてないように、小さく動かしてください。

 

又、手ぐしで髪をほぐしながら、髪の内側にも風を送ると、ブローの時間が短縮できます。始めにタオルでこすらないように、押さえるようにして水分をふき取ることも大切ですね。

 

髪がぬれていると、髪の温度はあまり上がらないのですが、乾いてくるとすぐに温度が上がります。

 

その時に髪は一番ダメージを受けやすく、髪の内部のタンパク質が乾燥して硬くなったり、髪の表面のキューティクルがはがれたりして、枝毛・切れ毛になってしまいます。

 

特にスタイリングする際は、髪を水で濡らしたり、ローションなどのスタイリング剤をつけたり、髪に水分を充分含ませてからブローしてください。

 

オイルスプレー等も髪にツヤを与えますので、お勧めですが付けすぎないようにご注意ください。

 

 

 

何故なら、スタイリング剤の中には、たくさんつけると煙が出たり、燃えてしまったりするものがあります。
ドライヤーの熱が100℃以上になるため、そのような現象が起きてしまうのです。

 

「火気厳禁」と書かれたものや、アルコール、オイルが多く入っているものは、使用の際には説明書を読むようにしましょう。

 

■髪にやさしいドライヤーのコツ

 

・ぬれた髪を乾かす時は、水滴が落ちない程度にタオルドライを押す様にして行い、

 

・ドライヤーは髪から15〜20cm離して

 

・熱風を同じところに長くあてないよう、ドライヤーを小刻みに動かしながらあてる

 

・スタイリングする時は、水やスタイリング剤で髪を濡らしてから

 

・ブローの際は「火気厳禁」のもの、アルコール、オイルが多く入ったスタイリング剤は使用説明に注意

 

■「マイナスイオンドライヤー」でツヤ髪の理由

 

「髪がきれいになる」と人気のマイナスイオンドライヤー。どんな効果があるのでしょうか。

 

髪の表面はプラスに帯電しやすく、ホコリなどを寄せ付けやすくなっています。マイナスイオンは、マイナスのイオンを帯びた酸素と空気中の水が結合したもの。

 

静電気を中和させるだけでなく、髪の表面や髪の内部にまで水分が行き渡るため、乾燥しやすいブローの際にも髪の適切な水分量がキープできるというものです。

 

マイナスイオンドライヤーなら、髪を傷めないでブローできそうですね。

 

*ツヤ髪になれるブラッシングのコツ

 

あなたは1日のうち、何回ぐらいブラッシングしますか? 改めて考えてみると、ほとんどブラッシングしていないことに気が付くことと思います。

 

そもそもブラッシングは、髪についたほこりや、自然に抜けた髪を落とすために行います。抜け毛は一日に50本から100本は正常ですので、ご心配なく!

 

昔は毎日シャンプーをする習慣がなかったため、ブラッシングでほこりなどを落としていたのですが、今は毎日シャンプーする人がほとんどなので、その目的が失われ、ブラッシングの回数が減ったのではないでしょうか。

 

また、朝決めたスタイリングを保つため、昼間はブラッシングをしないことも理由としてあげられると思います。

 

ブラッシングは上記以外に、頭皮を刺激して血行をよくする効果、皮脂の分泌を促して髪に行き渡らせる効果、頭皮の余分な角質を落とす効果もあります。

 

ブラッシングの回数が減ったため、頭皮に適度な刺激を与える機会が減っています。頭皮をマッサージするクッションブラシなどを使い、積極的に頭皮マッサージをしたいものですね。

 

入浴時に、頭皮をもむだけでも血行がよくなります。その際、こすらないように注意してください。

 

■ヘアブラシの使い方

 

ブラッシングで一番気をつけたいのが、髪への摩擦。

 

ロングヘアの方は、もつれやすい毛先からとかすようにしましょう。毛先のもつれが取れたら、頭皮の方からゆっくりととかしてください。

 

シャンプー時や洗髪直後など、ぬれた状態ではブラッシングしないでください。キューティクルが剥がれてしまいます。

 

ある程度乾いてから、ブラシを使ってください。ブローの時は、円形のスタイリングブラシが扱いやすく、髪の内側から乾かしやすいので便利です。

 

■ヘアブラシの種類

 

ヘアブラシには、作られている材質によっていくつか種類があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、使い分けるとよいでしょう。

 

・獣毛製……猪毛や豚毛など天然毛を使ったヘアブラシ。髪に自然なツヤを与える効果があるとされています。ただ、密度が高いものが多く、髪が摩擦を受けやすいので、ぬれた髪には使わないでください。

 

また、植毛してあるため、穴に汚れや水分がたまり、雑菌が繁殖することがあります。定期的にクリーニングして、毛を下にして乾かしてください。

 

・ナイロン製、ポリエチレン製……軽くて扱いやすく、目がつまっていないものが多いので、摩擦が少ないのがメリットです。洗えるので清潔に使えます。しかし静電気が発生しやすく、切れ毛の原因になってしまいます。

 

静電気を防止する工夫がしてあるものがおすすめです。ナイロン製よりポリエチレン製の方が静電気が起こりにくいので、材質を確認してください。

 

・木製……櫛ではよく見かけますが、ブラシも作られているようです。

 

静電気が起こりにくいのが特長です。硬いので、頭皮に力がかかり過ぎないよう、注意して使ってください。

 

乾いた髪には獣毛製ブラシ、お出かけの時には目が粗いポリエチレン製ブラシ、ブローの時にはスタイリングブラシなど、TPOに合わせて使い分けるとよいでしょう。

 

日ごろ気にかけることが少ないブロー&ブラッシングですが、ドライヤーやブラシを替えたり、取り扱いに気をつけたりするだけで、髪のツヤがアップします。できることから、試してみてください。

 

ブローのコツ関連ページ

髪のブローはいつ形がつくか?
髪のブローはいつ形がつくか?
髪と地肌にやさしいドライヤーのかけかた
髪と地肌にやさしいドライヤーのかけかた
整髪料の使い方How to use hair dressing
整髪料の使い方と種類How to use hair dressing

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク