毛染めをしてはいけない人People who should not dye hair

good news!


毛染めをしてはいけない人People who should not dye hair

 

毛染めをしてはいけない人People who should not dye hair

 

 

*過去に毛染めをしてかぶれた事がある
体質的にかぶれ易い方は染められません。染めた後に発疹、痒み 等が出た方は全身に広がり危険な場合も!
又、中には気分が悪くなる方や呼吸困難やアナフィキラシーショック(強いアレルギー反応)などアレルギー反応で全身に症状が出る人も…。
そして始めのページの例のように
最悪になる場合もありますのでご注意!

(一般の毛染めには、パラフェニレンジアミンという化学薬品が配合されています。敏感肌の方が使用すると湿疹やかぶれを起こしやすいのでご注意を!)
皮膚が過敏な方は、必ずパッチテストを!

 

 

楽天ヘアケア部門1位獲得★薄毛抜け毛に!頭皮が目覚める新発想!【ブラックシャンプー】
シャンプーというと髪の毛を洗うものと思っていませんか?
これは頭皮を洗い、頭皮を活性化するという新発想から生まれた画期的なものです

 



 

 

* Sometimes hair dyeing in the past and the scalp has been rash
Those who are subject to physical rash can not be dyed. Those who have rashes, itching, etc. after dyeing spread to the whole body and even if it is dangerous!
Also, some people have symptoms all over the body due to allergic reactions, such as those feeling worse, dyspnea and anaphylaxis shock (strong allergic reaction) ....
And as in the example on the first page
Please note that it may be the worst!
(In general hair dyeing, a chemical called paraphenylene diamine is blended.Please note that sensitive skin tends to cause eczema and rash if used more!)
People with skin irritability, always make a patch test!


*12歳以下のお子さん

 

対にやめることをお勧めいたします。理由は以下です。
*子供は皮膚が弱く、免疫機能が完成されていないため、大人よりも肌のトラブルが起きる危険性が高いという。

*子供は特に頭皮の吸収率は高いので、血管を通して毛染め液の発ガン性物質を取り込みやすい。
*脱色剤に含まれる過酸化水素は皮膚や目に刺激が強く、酸化染毛剤に入っているパラフェニレンジアミンはぜんそくや腎臓障害、急性アレルギー反応を発生させる恐れがあり、子供には刺激が強すぎる。
*子供の場合は、繰り返し使うことでかぶれなどのアレルギー症状が出ることがあり、症状が出れば以降はずっとアレルギー体質が続く恐れがある。
*毛がすべて抜けた例もあります。
大人になってから染めるのが無難です。体が出来上がっていますのでリスクは少ないのです。

お母さん!かわいいからといって、子供をあなたのエゴで危険にさらすのはやめてください!

(備考:!ある公的な調査では毛を染めた子供の8割以上が、頭皮のトラブルの元 にな染毛剤を使用していたそうです。

  1. 国民生活センターにも「ブリーチを使ったら髪がすべて抜けた」 医者から『今後生えてこないかもしれない 』といわれた」(男子高校生)
  2. 「カラーリング剤を使って腎臓 を悪くした(小学男児)」

などの被害相談が寄せられているそうです。)

 

 

手間いらずに内側からケア!白髪染めサプリ【黒フサ習慣/健幸生活研究社】
黒髪に必要とされている「チロシン」「シスチン」などの有用成分を
1粒に300mgも配合したサプリメント。
黒豆・黒米・黒胡麻・黒カリン・黒松の実・黒胡椒・黒にんにく等
7種類以上の黒い色素やポリフェノールを含んだ食材をたっぷり配合。
国内生産の天然型チロシンのみを使用し、
アミノ酸やミネラル、ミレットエキス等も配合し
これ以上ないくらい贅沢なサプリメントが出来上がりました。

 



 

* Children under 12 years old
I recommend you absolutely give up. The reason is below.
* Because children are weak skin and immune functions are not completed, there is a higher risk of skin troubles than adults.
* Children have a particularly high absorptivity of the scalp, so it is easy to take carcinogenic substances of hair coloring liquid through the blood vessels.
* Hydrogen peroxide contained in the bleaching agent is strongly irritating to the skin and eyes, and paraphenylene diamine contained in the oxidation hair dye can cause asthma, kidney damage, acute allergic reaction, too strong.
* In case of children, repeated use may cause allergic symptoms such as rash, and there is fear that the allergy constitution will continue for a long time if symptoms appear.
* There are also cases where all the hair is missing.
* It is safe to dye after becoming an adult. Since the body is growing, the risk is small.
Mom! Just because your child is cute, do not endanger your child with your ego!
(Remarks: In a public survey more than 80% of children who dyed hair seems to have used hair dye which is the source of trouble of the scalp.
Also at the National Life Center
"I got all my hair when I used BLEACH"
The doctor said that "you may not have hair growing your life in the future" (male high school student)
"I made the kidney worse using a coloring agent (elementary school boy)"
It seems that damage consultation such as that is being received. )

 


*頭部、お顔、首筋などに傷、できもの腫れ物、あるいは皮膚病のある方
同じく、かぶれる可能性があります。特に皮膚病は必ず皮膚科でご相談ください。 
尚、髪の毛の生えている毛穴には、毛細血管が通っています。そこから染毛剤が微量ながら入って、血液にのって体の全身にまわります。その上傷があるともっと多くの液が入ります。
顔そりのあとも、目に見えない細かい傷がついているので好ましくありません。

 

* Head, face, neck, scratches, febrile swollen or skin disease
Also, the scalp may get over it. Especially skin diseases should be consulted in dermatology. In case
In addition, capillaries pass through the pores where hair is growing. From there, a slight amount of hair dye enters and it goes around the whole body of the body by blood. Besides, if there are scratches, more liquid will enter.
Even after facial sledding, it is not preferable because it has fine scratches invisible to the eye.

 


*生理中の方、及び妊婦さん 
まずこちらをご覧ください
動物実験からの推測では安全とされていますが、人体実験は確認していないそうですので、100%の保障はないということです。"

  1. 妊娠すると皮膚が敏感になるため、毛染め液で頭皮がかぶれることがあるため。
  2. ヘアカラーに使われている化学物質は頭皮から吸収されます。

 

(注:妊娠中は染まりにくいそうです。又、動物実験からの推測では安全とされていますが、人体実験は確認していないそうですので、100%の保障はないということです。毛染め液の説明書にも記載してあります。)

 

* Menstrual and pregnant women?
Because the skin may become sensitive when pregnant, because the scalp may get rashed with hair dye solution.
Chemicals used for hair color are absorbed from the scalp.
(Note: It seems that it is difficult to dye during pregnancy.In addition, guess from animal experiment is considered safe, but it is said that there is no guarantee of 100% because human experiment is not confirmed. It is also described in the instructions of the.

 


腎臓病、血液疾患の方

 

腎臓に負担がかかります。心臓病にもよくない。

 

* Kidney disease, people with blood disorders
A burden is placed on the kidneys. It is not good for heart disease.

 


*出血がある方

 

生理、怪我、鼻血、その他で出血が止まり難い方。紫斑がある場合もご注意!

 

* Bleeding people
Persons who are difficult to stop bleeding due to menstruation, injury, nosebleed, etc. Also be careful when there is purple spot!


*微熱があるとき
風邪などで体調不良のときはご注意!熱っぽいた感じたら体温を測って確認してください。

 

* When there is a slight fever
Please be careful when your condition is bad due to a cold! If you feel hot, measure your body temperature and check.

 


*倦怠感、動悸、息切れ
これも同じく体調の問題です。とにかく調子の悪いときに無理に染めるのはやめましょう。

 

* Fatigue, palpitation, shortness of breath?
This is also a problem of physical condition. Anyway, let's not forcibly dyed it in bad condition.

 

 

毛染めをしてはいけない人People who should not dye hair関連ページ

パッチテストって何?
美容と理容の技術のコツ
毛染め液が目や皮膚についたらどうしたらいいの?
美容と理容の技術のコツ
染めた後の注意は?
美容と理容の技術のコツ
子供の毛染めについて
美容と理容の技術のコツ
毛染め液の取り扱いについて
美容と理容の技術のコツ

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク