パッチテストって何?

good news!


パッチテストって何?

 

 

*初めて毛染めをする時や初めての毛染め液を使用するときは皮膚試験(パッチテスト)を行う必要があります。

 

簡単に言えば(後ほど詳しく記載)、体の一部に(腕の内側)毛染めの混合液を塗って約、48時間放置しておきます。

 

それで以上がなければ「この液では あなたはカブレナイ」ということです。

 

このテストを実際、美容室や理容室でどれだけ行われているかは、正確には不明ですが、この方法だと一度来て又2日後に来店する必要があるということになります。

 

まじめなお店では行っているでしょうが、すべてのお店で…というと疑問です。

 

ちなみに髪丸の場合は一元のお客さんが多く時間がない方も多いのでこれを行うのは難しいのです。

 

そこで今までかぶれたことがあるかどうかをお尋ねいたします。そして「ある」と答えた方は基本的にはお断りいたしております。

 

毛染め液の成分は基本的には同じなので特に「初めて染める」 方は必ず行いますが、そうでない方は「液が代わるとかぶれるリスクはある」ことをお伝えし、心配ならばバッチテストを行うようにお勧めしますが、ほとんどの方はそのまま染めてくださいとおっします。その再、保障は出来ないこともお伝えします。

 

このようにして何十年と行ってきましたが、今まででかぶれた方は「ゼロ」でした。

 

かぶれ安い方はある程度は推測できます。

 

まず「頭皮が赤い方」 です。何らかのトラブルを抱えている可能性があります。それと「できものや吹き出物がたくさんある方」…血管に液が入る可能性があります。こういう方達は御注意ください。

 

ではバッチテストの詳しい方法をお伝えいたします。

 

-----------------------------------------------

 

1)箱に記載されている配合にしたがって、1液と2液を混ぜて 実際に使用する液を作ります。

 

 

2)この液を腕の内側に塗ります。直径2センチ くらいで丸く塗布してください。 この場合、液が乾くまで服につかないようにご注意ください。あまりたっぷりとつけますとなかなか乾きません。その時は脱脂綿などで軽く液を吸収します。この液は洋服につくと取れませんので特に御注意ください。完全に乾けば大丈夫です。

 

3)30分たった時点で発疹、発赤、かゆみ、水泡、ぴりぴりする 等の症状がないかを確認いたします。この時に前期のような症状があるときは、直ちに石鹸で洗い流してテストを中止してください。この時、完全に落ちなくてもいいです。あまり強くこすらないように ご注意ください。こすりすぎて悪化する可能性があります。液は新陳代謝で自然に落ちていきます。

 

この時点で異常があった方は毛染めは行わないでください 。この液、あるいは毛染め自体が適していないと思われます。ヘアーマニキュアやヘナなどを試してみるのもひとつの方法です。

 

4)なんともなければ、この状態で丸2日間放置 します。

 

そして異常がなければ「あなたは現時点ではこの液ではかぶれない」ということです。染めていただいても大丈夫です。

 

但し体調 が悪いときはあまりお勧めできません。下記をご覧くださいね。

 

毛染めをしてはいけない人

 

パッチテストって何?関連ページ

毛染めをしてはいけない人People who should not dye hair
毛染めをしてはいけない人People who should not dye hair
毛染め液が目や皮膚についたらどうしたらいいの?
美容と理容の技術のコツ
染めた後の注意は?
美容と理容の技術のコツ
子供の毛染めについて
美容と理容の技術のコツ
毛染め液の取り扱いについて
美容と理容の技術のコツ

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク