染めた後の注意は?

染めた後の注意は?

 

 

*毛染めは、染めたあとも注意が必要です。前項と同じようなことですが、使用説明書では次の様なことが書かれている場合があります。

 

1)染めたあとに頭部、顔、首筋などに発疹、発赤、かゆみ、水疱(すいほう)刺激などの症状が出る等…。

 

この場合は残念ながら「かぶれの症状」が出たということです。

 

この場合は「こすったり掻いたりせずに、即、皮膚科の診療」を受けてください。

 

この際に大切なことは、「勝手に薬を飲んだり、付けたりしないこと」です。かえって悪化する可能性があります。

 

又、体の中での症状にも注意が必要です。それは「染めたあとに気分が悪くなる」というもの。

 

この場合は医師に相談することをおすすめいたします。

 

2)枕カバーや衣服、帽子、かつらなどに色が付く

 

これはよくある失敗です。原因は…

 

  1. 髪を洗った後に十分に乾かしていない。
  2. 大量の汗が髪に付いている。
  3. 雨や雪に濡れていた。

 

このような状態で乾かさずに衣服をつけたり、寝たりすると「色移り」する可能性があります

 

特に染めた直後はご注意を。枕カバーなどにはいらないタオルなどを巻いておいた方がいいでしょう。

 

3)さらに次のようなものも「色移り」の原因となりますのでご注意を!

 

  1. 育毛剤
  2. ヘアーリキッド
  3. ヘアクリーム
  4. ムース
  5. ヘアーフォーム
  6. ヘアージェル

 

これらをを沢山付けた場合にもご注意ください。

 

 

 

 

染めた後の注意は?関連ページ

毛染めをしてはいけない人
美容と理容の技術のコツ
パッチテストって何?
美容と理容の技術のコツ
毛染め液が目や皮膚についたらどうしたらいいの?
美容と理容の技術のコツ
子供の毛染めについて
美容と理容の技術のコツ
毛染め液の取り扱いについて
美容と理容の技術のコツ

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク