毛染め液の取り扱いについて

good news!


毛染め液の取り扱いについて

*毛染めの液には危険な成分も含まれています。次のことをよくご理解ください。

 

1液は染料です。衣服など生地に付くと洗っても簡単には取れません。髪丸もお洋服を弁償させてくださいと申し出たことがあります。落ちないのです…。混合液(1液と2液の)同じですのでご注意ください。
2液は「過酸化水素水」です。「強アルカリ」です。たんぱく質を溶かします。絶対に誤って飲んでは行けません!(特にお子様)又、これは脱色剤です。したがって付くと「色落ち」します。

 

次に意外と知らない「あまった1液と2液の混合液」の取り扱い方についてです。

1液と2液の混合液は「密閉容器」に入れない事!

 

薬剤からガスが発生、その圧力で容器が「破裂」する可能性があります。そのあとは飛び散ってひどい汚れに…。

 

とにかく「あまった1液と2液の混合液の」は絶対に捨てることをお進まいたします。

 

又、その液は時間がたてば効果はなくなるのですぐに破棄してください。

 

 

毛染め液の取り扱いについて関連ページ

毛染めをしてはいけない人
美容と理容の技術のコツ
パッチテストって何?
美容と理容の技術のコツ
毛染め液が目や皮膚についたらどうしたらいいの?
美容と理容の技術のコツ
染めた後の注意は?
美容と理容の技術のコツ
子供の毛染めについて
美容と理容の技術のコツ

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク