あなたに合った毛染め液は?

good news!


あなたに合った毛染め液は?

 

 

 

1)体質による選択

 

*毛染め液の選択は、まず体質の問題が大切な事柄となります。

 

つまり、毛染め液に対する適応性は個人差があるということです。

 

最も大切なを選択します。下記の内で、あなたに合った方をクリックしてください。

 

毛染め液に かぶれたことがある
毛染め液に かぶれたことがない

 

 

2)あなたの顔や雰囲気による色の選び方

 

*毛染めの 色 にもいろいろなイメージがあるのをご存知ですか?

 

たとえば、「落ち着いた色 =灰色(アッシュ)」とか、「個性的な色=紫(バイオレット)」少し明るく自由業風には「自由で明るい色=ゴールド等」など等です。もちろんこれは一般的な印象であって、そうは感じない方もおられます。

 

実際はこれに「トーン=明るさ」も加わりますから、実に細かい色がだせます。これらを利用して、自分にあった色やスタイルを考えることも出来ます。

 

では肌のタイプ別に色の選択をして見ましょう。下記からどうぞ。

 

1)日焼け気味の方 オレンジ系が似合います。 しかも少し明るいめがいいでしょう。 少し勇気がいるかもしれませんが、挑戦してみては? 意外と自然に見えますよ。
2)色白の方 このタイプの方は紫系(バイオレット)がいいと思います。

 

以外にあいますよ。紫系といっても「紫」そのもではありません。

 

つまり〜系という感じで書かれているように、基調の色のことですからご注意を!

3)青白い顔の方 あなたにはずばり、灰色(アッシュ)がいいでしょう。

 

余計に暗くなるかと思い勝ちですが、意外といい感じになります。

 

黒髪よりはずっといいですよ。

一般的に… 色を染めるときは、元の色によって希望の色が出ないときがあります。

 

たとえば黄色系を赤系にしようと赤系で染めると、オレンジになります。

 

これは色相環といって色を順に並べた円から解るのですが、 赤と黄色を足すと、この色相環の2つの色の中間にある色になってしまうというものです。

 

ですのでこの場合は「捕色」といってもとの髪の色の反対側にある 色相環の色(この場合は紫)を混ぜて染めると この色で元の髪の色はニュートラムルな茶色になってから 希望の赤に染まるというわけです。

 

髪の色はあなたのイメージをよくも悪くもします。自分にあった色を技術者の方とよく相談して決めましょう。

 

人に会うからといって必ずしも、自分に合うとは限りません。 顔の形、肌の色(これは意外と重要)、年齢(原色でない限り基本的にはあまりないと思います)

 

色んな要素がありますので、一番いいのはパッケージの色を切り取って自分の写真の頭の所に乗っけるなんてのはどうでしょうか? なりたい自分が発見できるかもしれません