カルーク染めたい方の毛染め液

good news!


カルーク染めたい方の毛染め液

 

 

*地肌につけないのでかぶれにくいマニキュアがお勧めです。ただし1月くらいで色落ちがあります。

 

ヘアーマニキュアは、色素を毛の表面にコーティングするものです。その為、洗うたびに少しずつ色が落ちてきます。

 

そこで、月に一度程度染める必要があります。この場合髪の痛みはありませんし、体の負担も一般の毛染め液よりはありませんが、地肌のつくと落ちにくいので、頭皮から5ミリは開けて染めます。

 

ヘアーマニュキュアで染める方法

 

*とにかく注意したいのは、「地肌につくと落ちにくい」という点です。通常は地肌から5ミリくらい離して塗布する、ということになっていると思います。

 

 

しかし、普通のアルカリカラー剤のように「根元から染めたい」場合は少し難点がありますね。

 

 

普通の毛染め液は洗うとある程度落ちます。これは私の経験では「色が明るい意ほど落ちやすい」と思われます。
染める色が暗褐色や黒に地近づくほど、早く地肌について落ちにくいようです。

 

 

しかし、マニキュアは地肌につくと本当に落ちにくいので注意が必要です。

 

 

一般にはヘアマニキュアにはブラシのついたチューブに液が入っており、搾り出すと液がブラシに付着します。
このブラシを見ていますと、根元から数ミリ異常の高さから液が付着するように出来ています。

 

 

これは地肌につかないように考慮されていると思われます。

 

 

もし地肌に近いところまで染めたいのなら「ブラシを寝かす」しかありません。この際も十分に注意して塗布します。

 

 

万が一地肌にべっとりとついた場合は、柔らかい布に適温のお湯をしみこませて静かにふき取ります。
その後はシャンプーのときにしっかり洗って流します。

 

それでも落ちない場合はもう一度お湯タオルで拭いてみてください。

 

人間の皮膚は「新陳代謝」で入れ替わっていますので後日、シャンプーをしているうちに薄くなってきますので、いずれ落ちます。ご安心ください。

 

 

ただし、こすりすぎて肌を傷めないようにご注意を…。

 

 

*一般に「白髪が多いけれど、しっかり色を入れたい方」はあまり明るい色はやめた方がいいと思います。

 

 

一般に、セロハンを上にかぶせて見たような色になります。
なんとなく軽く染まっている…という感じです。
普通の毛染めのように「しっかり」とはいきませんのでご注意を。

 

 

(白髪には、ワンポイントメッシュや部分染めで等で、バイオレットなんかを入れると綺麗です。)

 

それと温度差による染まり具合の差はありませんので、どこから染めてもOKです。

 

 

又、樹脂成分を含んでいますので、つやが出るのもうれしいポイントです。中には色無しのマニキュアがあり、つやを出すことのみを目的としています。

 

 

最近のヘアマニキュアは色素量も多く色も豊富です。一般には「酸性カラー」とも呼ばれています。

 


注意点

 

*地肌から5ミリくらい離して塗布する。

 

*一月くらいで、色が落ちてきます。

 


備考

 

*皮膚につきう安いのは皮膚も毛と同じたんぱく質なので、イオン吸着してしまうため。

 

カラーリンスはこの手の液を薄めたものです。

 

 

カルーク染めたい方の毛染め液関連ページ

毛染め液にかぶれたことがある
美容と理容の技術のコツ
きっちり安全に染めたい
美容と理容の技術のコツ
その日だけのカラースプレー
美容と理容の技術のコツ
毛染め液にかぶれたことがない
美容と理容の技術のコツ

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク