毛染めのメッシュのテクニック

毛染めのメッシュのテクニック

 

 

*毛染めのメッシュのテクニックを紹介します。簡単に出来ますよ。

 


【1】ブラシでメッシュをつけちゃいましょう!

 

*今ある髪の色に少しだけメッシュをつけたいときは「ブラシ」を使いましょう。適当につけるよりも微妙に動きのあるメッシュが作れます。

 

用意するのは「骨ブラシ」どこでも売っています。 粗い目のものです。

 

1)まずメッシュを入れたい色のカラー液をブラシにつけます。

 

2)そしてメッシュを入れたい部分になでるように塗布します。 好みの感じを意識しながらつけすぎないように…。

 

3)次につけた部分の裏側にも塗布します。こうするとメッシュがよく入ります。

 

どこにどうつけるかはあなたの感性しだい。お友達につけてもらってもいいかも。

 



【2】もっと良くメッシュをいれるには「くし(コーム)」をうまく使いましょう。

 

*櫛を使うと歯が多いのでメッシュが良く入ります。

 

1)1と同じように希望のカラー液を櫛につけます。ただし、歯の部分を中心につけます。

 

2)メッシュを入れたい部分に軽くときつけるように櫛を入れていきます。

 

3)櫛は細かい作業が可能です。微妙な部分には櫛の先の方に液を少量つけて絵を描くように塗布します。

 

後は普通の毛染めのときと同じように時間を置いてから洗髪いたします。

 



【3】 手でやっちゃうメッシュ

 

1)まず毛を少しつかんで櫛で軽く根元からこすります。これは「逆毛」といって昔からある方法です。あまり強くすると毛が痛みますので、加減してくださいね。

 

2)毛が起きたらビニールの手袋をつけてください。そして希望の色の液を少量手に取ります。

 

3)毛の束の真ん中あたりから毛先までもむように、擦りこむようにして液をつけていきます。

 

明るい目の色がいいでしょう。 ただしこれはショートヘアがいいかも…

 

 

毛染めのメッシュのテクニック関連ページ

毛染めにサランラップを使う
美容と理容の技術のコツ

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク