カット全般の概要

good news!


カット全般の概要

 

 

 

*いつも美容師さんや理容師にお任せのあなたも、たまにはご自分で「ここだけ切りたい」と思われるときがありませんか?

 

そんなあなたに髪丸のカットテクを少しお教えいたします。画像無しでお伝えしますので少し解りにくいかもしれませんが、まず美容のカットテクからのアドヴァイスです。

 

1)前髪を切る

 

*前髪を切るときはどうしても櫛でといて鋏でバッサリとやってしまいますが、それでは正確で自然なカットラインは出来ません。

 

先ず始めに額の生え際にそって1センチくらい上の所から髪を櫛で引き出してカットします

 

眉毛との距離が長さの基準です。よくある長さが、「眉毛にすこしかかるくらい」か「眉毛ぎりぎり」です。

 

長さが決まったら、更に1センチ上から髪をときおろして、始めの髪と一緒に指で挟んで出た髪を切ります。

 

そしてといても髪が出なくなるまで続けます。切るとき、指を少し持ち上げて切ると、軽い感じに、下げると重い感じになります。

 

2)トップを切る

 

頭の上を自分で切るのは難しいのですが、解りやすい方法は前髪を切ってからトップ(頭に手のひらを乗せてあたる部分、てっぺん)の長さを一列(顔と平行に)引き出して切り、その後に前髪とつなげる方法です。

 

つなげる時はたてにカットします。前髪を引き上げて少しづつ後ろに移動してカットしても良いと思います。

 

あまりそろえ過ぎると今風のスタイルにならないので、極端に違わない限りは大体のところで良いと思います。

 

3)サイドを切る

 

サイドは正面から見て一番顔に合わせなくてはいけないポイントです。

 

サイドがきまらないとスタイルは台無しになる事がありますので、注意が必要です。

 

たとえば顔が丸い方はボリュウムをだしすぎると、よけいに丸く見えます。顔が細い方はふくよかに見せるために、少しボリュウムをつけます。

 

後、サイド(横)の長さも重要です。基本的には耳からあごまでの長さを見て決めれば良いと思います。ここが開きすぎるとほっぺたが強調されてしまいます。女性にとって、サイドは大切な部分です。

 

4)バック(後ろ)を切る

 

後ろを自分で切るには至難の技です。他の方に切っていただくにしても、自分では見えない部分なので「見えないから適当にやって」とおっしゃる方がおられますが、以外と一番他人から見られる部分です。

 

この部分は体全体とのバランスが問われる所です。たとえば、背の低い方があまり後を長くしますと、よけい低く見えてしまいます。

 

だから、いつも後姿を見てくれている友人や恋人にアドヴァイスを求めるのも良い方法だと思います。

 

カット全般の概要関連ページ

理・美容師のじょうずなカット技術とは?
理・美容師のじょうずなカット技術とは?
髪に良いスタイル、多く見えるスタイル【男性編】
髪に良いスタイル、多く見えるスタイル【男性編】
髪に良いスタイル、多く見えるスタイル【女性編】
髪に良いスタイル、多く見えるスタイル【女性編】
前髪を切るコツ 詳細編
前髪を切るコツ 詳細編
サイドの髪を切るコツ
サイドの髪を切るコツをプロが伝授します。
ワンレングスカットの切り方
ワンレングスカットの切り方
くせ毛の切り方
髪のカットやブローの裏技

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク