顔そりのコツと裏技

good news!


顔そりのコツと裏技

 

 

 

*お顔そりは、男性は特になじみが深く、又、女性には嗜みとして最近でもお店に行かれる方はb多いようです。

 

ちなみにある白人の外国人のj方に、カットの後「お顔をそりましょうか?」とお尋ねしましたら、「No!」と仰って断られました。

 

私は英語はある程度話せるのですが、その時は不覚にも「shave」という単語を使ってしまったのです。

 

これは「男性が硬いヒゲを剃る」という意味なのでしょう。

 

多分、女性の場合は「trim」かもしれません。

 

しかしよく聞いてみますと元々「女性が顔を剃る」という習慣は内容なのです。

 

そういえばある方が「白人の女性のお顔がウブゲだらけだった」という話を聞いたことがあります。

 

モデルさんとかならいざ知らず、一般の方はそうなのでしょうか?

 

お顔に関するプロの考え方や裏技をご覧ください。

顔そりのコツと裏技記事一覧

男性のお顔剃りのコツ

「顔そり」ワンポイント 男性編です。毎日のお顔そり、髪丸も男性なので、毎日せっせとやっております。髪丸は顔の皮膚が薄いので、電気剃刀で剃ってあごの所だけに残してあるヒゲを1ミリくらいの刃の電気バリカンので短くしております。今日は「剃刀で濃いひげを剃る時の裏技」です。まず、1)ヒゲを熱い蒸しタオルで蒸...

≫続きを読む

 

女性の顔そりのコツ

*女性のお顔そり*女性のお顔は男性に比べて皮膚が薄いので注意が必要です。女性用のかみそりも発売していますが、男性用に比べ軽く出来ています。自分でするのは大変難しいので、髪丸のお勧めは「うぶ毛トリマー」です。量販店などで売っていますが、電池で動く女性用の「うぶ毛そり器」です。皮膚を傷つける心配がないの...

≫続きを読む

 

うぶ毛剃りを安全にする方法

うぶ毛というものはあるようで無いようで、はっきり見えません。しかし、私たちプロから見ると産毛は歴然とあるものです。変な言い方ですが、あまり気になさらない方が多いからです。しかし特にうぶ毛の濃い女性の場合は、伸びてくると「うぶ毛」が伸びてきた時の弊害をよくご存知です。「弊害」というのはいささか言い過ぎ...

≫続きを読む

 

髭剃りで肌を傷めないコツ

*「男性の髭剃りは昔は理容店に行ってつるつるになるまで掘りたくって(深剃りすること)満足したもんだ」と大正生まれの父がよく言っていました。私の父も理容師だったのですが、彼は一日60人のお客さんを刈ったことがあるという豪傑でした。髭はとにかく柔らかくすることです。それには@温める。お湯を髭に浸す。蒸し...

≫続きを読む

 

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク