男性のお顔剃りのコツ

good news!


男性のお顔剃りのコツ

 

 

 

「顔そり」ワンポイント 男性編です。

 

毎日のお顔そり、髪丸も男性なので、毎日せっせとやっております。

 

髪丸は顔の皮膚が薄いので、電気剃刀で剃ってあごの所だけに残してあるヒゲを1ミリくらいの刃の電気バリカンので短くしております。

 

今日は「剃刀で濃いひげを剃る時の裏技」です。

 

まず、

 

1)ヒゲを熱い蒸しタオルで蒸します。(これは当たり前ですね)

 

2)ここからがポイント。

 

少し固めの顔用のクリームをひげの生えている部分とヒゲにつけます。

 

ヒゲは水分を含むと柔らかくなり、剃りやすくなります。

 

クリームは表面に膜を張り、水分の蒸発を防いでくれます。

 

ですから特にヒゲの根元をめがけてこすりつけつけましょう。 

 

でも、剃ったらクリームでべとべとで剃りにくい! と、叱られそうですね。

 

実際そうです。プロの技術者なら剃りますが、ツルツル滑ってそれません。

 

そこで更に

 

3)シェービング石鹸をつけます。

 

そんなことしたらせっかくのクリ−ムが取れるでしょう!

 

そうですね…でも御安心ください。

 

大方は取れますが、皮膚の表面とひげには吸収されたクリームが残っているんです。

 

その為…

 

剃刀はスムーズに硬いひげをそり、皮膚はクリームに保護されているので痛みません。

 

それに乾いてきても水を少しつけるとあーら不思議皮膚の表面についているクリ−ムと水が混ざってちょうど良いすべり具合になります。

 

水をつけなくても残っているクリームが乾燥を防いでいるので剃れないことは無いですが水を少量つけるほうが良いでしょう。

 

4)そして最後に顔を洗ってもう一度クリームをつけます。

 

髪丸がお客さんに行なっている方法です。

 

髪丸のお客さんは場所柄、皮膚の弱い方が多いのですが、この方法だと殆どの方が苦痛が無いとおっしゃられています。

 

一度試してくださいね!

 

えっ!面倒くさい?   

 

髪丸でした…!

 

男性のお顔剃りのコツ関連ページ

女性の顔そりのコツ
女性の顔そりのコツと裏技
うぶ毛剃りを安全にする方法
うぶ毛剃りを安全にする方法
髭剃りで肌を傷めないコツ
髪のカットやブローの裏技。髭剃りで肌を傷めないコツ

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク