毛染めのコツ

面白いかもIt might be fun

毛染めのコツ

 

*毛染めは、自分でする時もサロンでお願いする時も、ちょっとした知識があれば便利ですね。簡単な「毛染めのコツ」は下記にご紹介しておりますが、さらに下からは、詳しい基礎知識や、「ハイテクニック」も覗けます。

 

今、毛染めの液も進化してきていますが、(たとえば従来のアルカリヘアダイでの、カオチン性直接染料を使ったダメージの少ない毛染め液など)いずれにしても正しい使い方を守ることによって、安全に使用することが大切です。

 

 

 


 

おすすめ毛染めと女性用育毛剤!

毛染めのコツ,ヘアースタイル,カラー


毛染めのコツの目次

 

基本的な毛染めの知識です。
これだけは最低限度の事柄として
覚えてください。

 

店頭にあるいろいろなカラー剤を
見分けるときはこのコーナーをお読みください。

 

染め方のコツがあります。
知っていると知らないでは大違いです。

 

自分の体質を知って
安全な毛染めを行いましょう。

 

プロが行なっている秘密の
ハイテクニックをご紹介。

 

こんな道具はいかが?
あると便利なアイテムです。

 
 

1)生え際をきれいに染めるコツ..

 

生え際は特に染まりにくい部分です。でもよく目に付くところです。

 

うまく染めるには、液をつけた後サランラップで全体をおおいます。特に生え際は空気が入らないように、手でピッタリと押さえてくっつけます。
7,8分したらはずして全体を櫛でときます。(この時、あまり地肌をガリガリこずらないようにしましょう)

 

さらに10分おいてシャンプーします。特に白髪染めでは生え際に白い毛があると、せっかく染めてもがっかりですね。そんな白髪混じりのおしゃれ染めにはサランラップは効果があります。

 

2)ヘアーブリーチのコツ

 

.ヘアーブリーチは脱色剤ですが、茶髪としてはあまりきれいな色ではありません。

 

しかし、効果はてき面で、脱色が進むにつれ→黒→茶→赤→赤金→金→黄→うす黄と色が明るくなっていきます。

 

しかし髪の傷みも大きくなっていきますので、注意が必要です。

 

脱色効果「粉タイプ」のブリーチ剤が一番大きく、液状、クリーム状は効果が落ちます。

 

扱いやすいという利点があります。つけ方は襟元から1センチあけながら(必ず!)手早く塗ります。

 

全体を塗ったら、最後に根元につけます。これは根元が明るくなりやすいからです。脱色剤は反応が早いので、スピーディーに行います。

 

*一般の毛染め(アルカリヘアーダイ)の理想的な染める順序…

 

これも同じように襟もとの根元から1センチあけながら全体につけ、最後に根元につけます。染まりにくい所は、襟元と額、こめかみです。(温度が低い)染まりやすい所はてっぺんです。染まりにくいところから染めましょう。

 

*詳しいことは下記かバナーにある「毛染めの基礎知識」をクリックしてご覧ください。

 

*日本人にもっとも多くて、良く似合う色は?

 

日本人にもっとも多くて、良く似合う色は?って聞かれるとすぐには答えられないかも知れませんね。

 

実際毛染めを行っていますと、日本人に多いカラーがわかってきます。それは明度が7から8ぐらいのものです。5年前にも美容の人気月刊誌「ボブ」に明度が8くらいが良いと記事を載せていました。明度7,8というのはこんな感じです。

 

7は少し暗いですが白髪染めの場合はだんだん洗っているうちに明るくなる場合が多いです。

 

同雑誌によると、白髪を単に隠すのみではなくカラーを楽しみ自己主張を押し出すというような時代になってきたということです。

 

ちなみにアメリカ人の女性は色んな民族の混血の方が多く髪の色はほとんどがいろんな色が混ざっていて、金髪や黒の単色というのは少ないそうです。その為「まず色を染めて…」という感覚で美容院の技術が始まるとか。

 

あなたに合った色はどれかは、美容師の方のアドバイスや自分に似たタレントの方の写真などでイメージを作るのが無難ですね…。

 

*無添加のヘアーカラーをお勧めいたしたいと思います。こちらの方がかなりリスクが低いのでお勧めです。

 

白髪染め1本 白髪染め2本セット

   

 
 

ご注意!

!絶対してはいけない事!

 

 1)目にはいれていけない!..最悪失明する事があります。 特に眉毛などは絶対染めてはいけません。  

2)頭に傷があるときはやめましょう!.. うちのお客さんで傷があるところに液をつけて、そのまま湯船に入って死にかけた方がおられます。    

3) 子供は禁物!又、体調の悪いときはやめましょう!.. 説明書には、「12歳くらいまでの子供さん、妊婦、腎臓病、病み上がり」 の方は使用をひかえるようにと書かれてあります。  

4)初めて使う毛染め液は必ず「バッチテスト」をしてください。(腕などに混合液を少量塗布して2日ほどして異常がないか確かめます。) 以上の事を守って正しく使用してください。
 

痛まない毛染め!



毛染めのコツ記事一覧

毛染めの知っておくべき知識

*使い方を間違うと恐ろしいこともあります!面倒くさいと思いがちですが一度だけは読んで、思わぬトラブルを回避出来ればと思い記述いたしました。 (一部今製作中)特にご自分で染められる方は注意が必要です。あるいは他の方に施術なさる場合にも必要な知識ですので、是非一読してください。又下記にある「毛染めの最悪...

≫続きを読む

 

正しい毛染めの方法

*毛染め剤にはいろんな種類があります。それぞれが染め方にもいろいろな違いがあり、それを知っておくことは安全に毛染めをするための目安となります。

≫続きを読む

 

あなたに合った毛染め液は?

1)体質による選択*毛染め液の選択は、まず体質の問題が大切な事柄となります。つまり、毛染め液に対する適応性は個人差があるということです。最も大切なを選択します。下記の内で、あなたに合った方をクリックしてください。毛染め液にかぶれたことがある毛染め液にかぶれたことがない2)あなたの顔や雰囲気による色の...

≫続きを読む

 

毛染めの便利な道具

*毛染めをするのに便利なあるいは必要な道具をご紹介いたします。プロが使う道具は他人にしてもらうのが前提ですが自分でも使えると思います。毛染めの便利な道具ヘナに便利な道具ちょっとアイデア商品を

≫続きを読む

 

毛染めのハイテクニック

*毛染めのハイテクニックをご紹介します。簡単な方法を集めました。基本的なものからご紹介していきます。毛染めのメッシュのテクニック毛染めにサランラップを使う

≫続きを読む

 

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク