散髪代は、お米一俵!Haircut cost is 60 kg rice!

good news!


散髪代は、お米一俵!Haircut cost is 60 kg rice!

 

 

 

散髪代は、お米一俵!Haircut cost is 60 kg rice! (English is under.)

 

*昔はのどかな時代でした…
これはお客さんからお聞きしたお話です。
昔、村の散髪屋さんは地元の方たちばかりをお相手に商売をなさっていました。
当たり前の話ですが、今のようにめまぐるしく住む人が変わらない時代ですから、ほとんどのお客さんは「顔なじみ」の方ばかりです。
だから散髪屋さんは親しい人たちの集まる「交流の場」のようでした。
よく散髪屋さんが「お風呂屋さん」の側にあるのは、人が集まりやすく、又、髪を切る事と頭や体を洗うことは「身を整える」という共通点があり、両者は相性がよかったのでしょう。
そんな時代の理容の技術料金はなんと「お米一表」だったそうです。
もちろん、「全国的」にどこもがそうであったわけではなく、そういう村や地方がよくあったという程度の話です。
お米を持参するのは「年に一度」収穫のあったときで、散髪屋さんはそれを食べたり、売ったりして(これは私の推測ですが)ご自分の生計を立てておられたようです。
面白いのが、「一年に一表支払えば、月に何回散髪にいけるのか?」
ということなんですが、どう思われますか…?
実はなんと、「何回でもOK」だったそうです。
じゃあ、毎日でもOK?と思いたくなりますよね。
これはおそらく暗黙のうちに「常識の範囲」というものがあったのだと思います。
そうでないと、50人が毎日来られますと、朝から晩まで働き通しで、ダウンしてしまうからです(笑)。
詳しいことはお聞きしなかったのですが、私の職場の近くにあった村ではそういうことがずっと続いていたそうです。

でもなんだか、料金がお米一俵っていうのは、ちょっとと小粋な感じがしません?

 

ミネコラは、《水素》で髪が蘇る究極のエイジングヘアケア。
>「ミネコラ パーフェクト3」は水素サロンケア「質感矯正ミネコラ」をベース
に、自宅でも水素ケアが出来るよう開発されたホームケアキットです。


 

his is a story I heard from customers.
In the past, a village haircutter had been doing business with the local people.
It is an ordinary story, but most customers are only "face familiar" as people who dwell on like this do not change forever.
That's why the haircuter seems to be a "place of exchange" where close friends gather.
Well the haircut is on the side of the "bath shop" is that it is easy for people to gather, and it is common to wash your hair and wash your head and body "have yourself up" I guess compatibility was good.
It seems that the technical fee of such barbershop skills was " 60 kg rice".
Of course, not everything was "nationwide," it is about the extent that such villages and regions were common.
When bringing in rice is "Once a year" when harvesting, the barber is eating it or selling it (this is my guess) I have made my own living It seems to be.
What is interesting is "How many times can you go to haircut on the month if you pay one table per year?"
Is that what you think, what do you think ...?
Actually, it seems that "how many times was OK".
Well, OK every day? It makes me want to think.
I think that this probably implicitly had something called "range of common sense".
Otherwise, if 50 people come every day, they will work down from morning till night and go down (laugh).
I did not ask you anything detailed, but in the village near my work site that kind of thing has been going on for a long time.
But somehow, the price is 60 kg rice, do not you feel a bit stingy?

散髪代は、お米一俵!Haircut cost is 60 kg rice!関連ページ

高下駄を履いた散髪屋さん
高下駄を履いた散髪屋さん
そのカツラ反対では?
理美容の愉快なお客さん。そのカツラ反対では?
シャンプーの陳事件
理美容の愉快なお客さん。シャンプーの陳事件
カット代の踏み倒し事件
理美容の愉快なお客さん。カット代の踏み倒し事件

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク