カット代の踏み倒し事件

カット代の踏み倒し事件

 

 

 

*かなり前の話ですが、おる男性の話です。

 

カットが終わった時お客さんが「今お金を取ってくるから内線の○○番の○○だからね」とおっしゃって出て行かれました。

 

ところがいくら待ってもお戻りにならないので、内線番号の一覧を見ましたら、そんな部署は無いのです。

 

その内に来ていただけるだろうと思い、仕事をつづけましたが、とうとうその方を見ることはありませんでした。

 

この道30年以上の中で前にも後にも「食い逃げ」ならむ「カット逃げ」に遭遇しましたのはこの一件だけでした。

 

他の経営者にお聞きしても経験したのは私一人だけでした。

 

それで「貴重な経験したなー」と褒められ(?)ました。

 

でも、、、ちっともうれしくないぞー、、、(失礼いたしました)。

 

カット代の踏み倒し事件関連ページ

理容室の昔話「散髪代はお米一俵」
理美容の愉快なお客さん1
高下駄を履いた散髪屋さん
高下駄を履いた散髪屋さん
そのカツラ反対では?
理美容の愉快なお客さん。そのカツラ反対では?
シャンプーの陳事件
理美容の愉快なお客さん。シャンプーの陳事件

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク