シャンプーの中身は恐ろしい?

シャンプーの中身は恐ろしい?

シャンプーの中身は恐ろしい?

 

 

シャンプーの中身は恐ろしい?

 

「シャンプー 」の詳しい実態をお話しましょう。

 

*シャンプーは「界面活性剤」が50%です。
昔は「界面活性剤」は天然の成分(脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウム)を使用していました。(ゴキちゃんが洗濯機に入って食べましたから天然です)

 

しかし、洗浄力が悪く値段も高いことから、やがて石油(鉱物油)を使って大量に安く、しかも洗浄力の強い「合成界面活性剤」が使用されるようになりました。

 

あなたが毎日ご使用になっておられる「シャンプー」にはこれがたっぷり使用されております。

 

*「合成界面活性剤」の正体

 

ラウリル硫酸ナトリウム(AS)等が主流です。現在はこの成分がよく使われています。他に「アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)」等がありますが、現在はあまり使用されていません。

 

これらは分解されにくくそのままの形で流されて自然界を汚染しています。

 

 

シャンプーの成分表記をご覧ください。

 

「アルキル」「ラウリル」の語の後に「ベンゼン」「フェノール」などの語がついていたら、「合成界面活性剤」です。つまり「石油から作られたシャンプー」であるということです。しかもこれは、成分表記には詳しくは表示されません。

 

 

ではなぜそれがあなたの「頭皮や髪」に悪いのでしょうか?実は「頭皮や髪」だけに悪いのではなくて「体」に悪いのです。

 

 

*恐ろしい合成界面活性剤の弊害

 

1.皮膚障害:「合成界面活性」剤は皮膚の脂肪分を取り去り、「細胞膜」を破壊します。あまり洗浄力が強すぎると「皮膚の抵抗力」が落ちてしまい、「肌荒れ」「細菌感染」「アレルギー」の原因となります。そこで引き起こされる症状は「頭皮の痒み」「フケ」「抜け毛」あるいは「かさぶた」などです。

 

実際私は頭皮一面に拭けとかさぶたが出来た方に「天然成分のシャンプー」をお勧めしましたら、その方の頭皮が改善された経験をしております。

 

「抜け毛」に関しては前述のように一つの原因で語れないのですが、私の実体験やお客さんの結果を見ていますと、「頭皮の痒み」「フケ」はこの「合成界面活性」も一因になっていることは間違いないと思います。

 

自分自身は、天然成分中心のシャンプーで洗っているのですが、サウナに行ったときに備え付けのシャンプーを使いますと、たちどころに「痒み」が増してきます。そしてそれを頭皮から取り除くのには1.2週間かかります。

 

私は早くからそれに気がついたのでおかげで頭髪はつやもあり30代の状態を維持しています。(もちろんこれだけが残った原因ではないですが)

 

この「合成界面活性」は洗濯した衣類にも残っており特に「アトピー性皮膚炎」等の一因として危惧されています。

 

2.発がん性:細胞膜を破壊する「合成界面活性」はいとも簡単に皮下組織にし、「長期間に渡り残留」します。

 

これは何を意味するかと言いますと、「がんを誘発する一因になる」ということです。

 

つまり頭皮を通して全身に運ばれ、「皮膚がん」だけでなく、リンパ管を通って他の臓器にも「がん」を誘発するということなのです。

 

これが「皆さんは口から入るものには気を使っておられるけど、毎日頭から振り掛けるものには気をつけておられない」という理由なのです。

 

3.溶血作用:「合成界面活性」は血液に入って「赤血球」の細胞膜を破壊します。するとどうなるのでしょうか?つまり酸素不足により「貧血」起こすのです。「赤血球」は酸素を運ぶからです。

 

4.肝臓障害:同じように「肝細胞」も壊しますので、「肝機能障害」も引き起こす可能性があります。

 

5.生殖障害:若い方は特にご注意ください。実は「合成界面活性」には「殺精子作用」があります。(避妊具にも使用されている)「無精子症」や「退治の奇形」なども危惧されています。
(日東書院「経費毒」より)

 

*添加物一覧

 

*その他の有害物質:「防腐殺菌剤のパラペン」「酸化防腐剤のBHT」「乳化剤」「湿潤剤」「悪名高いタール色素」等ざっと上げても半ページを埋め尽くす数です!

 

その他いろいろな弊害があるのですが、とりあえず私たちの目に見える症状としては「頭皮の痒み」「フケ」「抜け毛」あるいは「かさぶた」ということになりましょうか。

 

 

又「リンス」ですが、実は「頭皮によい成分はあまり含まれていない」のです。ある意味、「シャンプー」よりも有害な物質が含まれています!

 

しかも「シャンプー」と同じように「香料」や「着色料」もしっかり入っていますので、とにかく「よくすすぐこと!」です。

 

もちろん、つけるのは「髪の毛だけ」にして頭皮にはこすり付けないようにしてください。

 

 

ちなみに私は「リンス」を使いません。前述の「天然の保湿成分」の入ったシャンプーを使っているからです。それでも「すすぎ」は十分にします。

 

 

とにかく一度添加物の少ない「天然成分のシャンプー」か「石鹸シャンプーを使ってみてください。そして「正しいシャンプー」を実践してみてください。それだけでも、すぐに頭皮や頭髪の改善を実感できると思います。

 

*尚、合成のシャンプーから「天然成分のシャンプー」か「石鹸シャンプー」に切り替えると一時的に「フケ」などが増える場合がありますが、これは一種の「好転反応」ですので、そのままお使いになれば自然に止まりますので、ご安心ください。

 

又シャンプーを変えて急に悪化した場合は「含有成分のアレルギー」がある場合がありますのでその場合は中止してシャンプーを変えてみてください。しかし「悪いものが少ない」ものに切り替えるわけですから、そのようなことは少ないと思います。

 

「シャンプーの重要性」をご理解いただけましたでしょうか?これは今からすぐに出来る「育毛法」の一つですので、実行されることをお勧めいたします

 

*セッケンシャンプーについて

 

私が、「安全なシャンプー」を考えるようになったのは事情があってのことです。私は語学系の大学を出て就職するときに、事情があって家業である「理容業」を継ぎました。

 

そして後、ある総合病院の理、美容室を営むことになり、多くの患者さんに接してきました。その結果、様々な体の悩みや髪の悩みをお聞きしてきました。

 

そこで気づいたことは「体と髪」の密接な関係です。体を悪くしておられる方は「髪の毛」にこだわる方が多いのです。(これは「血行」や「栄養状態」が悪いつまり髪を作る「原料」や「製造能力」等が低下しているわけですから当然のことかもしれません。)

 

 

そんなある日、ある患者さんから「シャンプー」には多くの「添加物」が、あるので「石鹸」で洗っているというお話を聞きました。(実際「有害の残留物」については天然成分中心の石鹸ならいざ知らず、「石
鹸」も「シャンプー」にもあるのですが…石鹸のほうがずっと少ないようです。)

 

但し、石鹸は「アルカリ性」なので、髪を痛め「不溶性の金属石鹸」というものを作り髪をごわごわにしてしまいます。

 

しかし「添加物」が怖いからと石鹸でシャンプーしておられるというのです。しちなみに、その方の髪は「酸性リンス」をしておられるので、あまり痛んでいませんでした。(アルカリを中和してごわごわを無くします)

 

「石鹸」はなるべく天然のものか、生協の「石鹸シャンプー」(専用リンスもあります)を使っていらっしゃるとのこと。

 

これをきっかけに私は「シャンプーの害」について考えるようになりました。そして始めは添加物の少ない「石鹸シャンプー」を使っていましたが、「合成界面活性剤」の入っていない「天然系のシャンプー」に切り替え現在に至っております。

 

そして頭頂部が薄くなっていた友人にも勧めたところ、その方はほぼ以前の量を取り戻しておられます。

 

ではシャンプーと石鹸ではどちらが髪や体によいのでしょうか?結論から言いますと「なるべく添加物の少ない、アミノ酸をベースとしたシャンプー」がベストだと思います。液体なので使いやすいのです。

 

具体的には「無界面活性剤」「無香料」「無防腐剤」「無着色料」表示のシャンプーです。石鹸シャンプーにも生協等の液体のものがありますが、酸性リンスをしないと、ごわごわになります。生協では酸性リンスも売っています。

 

それと、中には「石鹸シャンプー」といいながらしっかり添加物をたくさん含んでいるものもありますので注意が必要です。

 

また、極端に添加物が「脱毛の原因だ」という事もお聞きしますが、もちろんそれのみではありません。しかし「大きな一因」になっていることは確かです。

 

このように皮膚を通して進入するものを「経皮毒」といいます。これは口から入る「経口」添加物と共に「脱毛」だけの問題ではなく、「あなたの健康」にかかわる問題ですので、

 

そしてぜひとも「添加物」の恐ろしさを実感してください。

 

 

 

*添加物の少ないシャンプーに変えた結果について

 

「ではそれを使ったからといってどんないいことがあるの?」と言われそうですが、効果はあります。

 

私が実践していますし友人や多くのお客さんがよい結果を得ています。

 

毎日髪に悪いものをかけるのと影響の無いものをかけるのでは何十年という月日を考えると大きな差があります。

 

正しいシャンプーをしていても害のあるシャンプーを使っていては効果も半減してしまいます。「それじゃあよくすすげばいいんでしょう?」とおっしゃいますかもしれませんが「一度頭皮や髪に付着した成分を完全に落とすのは難しいことだ」とある「プロの為のシャンプーの講習会」でメーカーの講師の方が言ってましたようにそれは簡単なことではないのです。

 

しかも「有害物質」先ほど述べましたように「体の奥深く」まで浸透します。

 

それより少しでもよいもの(安全なもの)を使う方がずっと合理的です

 

私はお客様に毛穴の汚れを落とす天然シャンプーと、このシャンプー法をお勧めし、毛穴掃除の大切さをお伝えして実践していただき多くの方に「頭髪の改善」の報告をいただいております。それらは、

 

@ 毛の太さの改善。
A 毛の色が濃くなった。
B 髪にコシが出てきた。
C 白髪が減った。
D 痒みが無くなった、、、等です。

 

しかしこのようなことは、高額の「育毛エステ」に行かなくても自分で出来るものです。

 

もう一度言いますが、何故始めに、シャンプーの重要性を述べたかといいますと、これが最も「お金がかからなくいつでも自由に自分で出来る確実な育毛法」だからです。まずこれを実践することがすべての基本です。

 

貴方が毎日家で行う当たり前のことが、時には方法を間違えると毛髪を損なうことになります。

 

まず基本的なのことを身につけて頂いてから、その上の育毛法へと進んで頂くためにも、正しいシャンプーの方法を是非、実践して頂きたいと思います。

 

 

*補足
シャンプーの頻度と巷の情報について

 

最近色々な情報で、「シャンプーをしすぎると帰って頭皮の皮脂が増える」と言う書き込みを見たことがあります。

 

これについて一言述べたいと思います。

 

「シャンプーをしすぎると頭皮がかさかさになり、それを補おうとして皮脂腺から大量の皮脂が出る」ということらしいのですが、結論から言うとそれは、洗い方とその方の体質によるということがあげられると思います。

 

つまり、合成界面活性剤の入ったシャンプーは洗浄力が強いのですが、それでもって毎日ゴシゴシ洗いますと、当然「洗い過ぎ」と言うことが起これと思います。

 

だからと言って皆が「その結果帰って大量に皮脂が出る」と言う結果が一様に現れるとは思えません。

 

 

その人の体質に寄るからです。

 

私のお客さんで毎日洗いすぎて頭皮や髪がかさかさに乾いた結果、なんと皮膚病になってしまわれた方がおられます。ではどういう状態がよいのでしょうか?

 

ここがとても大切なところです。

 

結論から言うと「不要なものは取り、必要なものは残す。」ということです。つまり…

 

「頭皮」には適度の脂を残し、「毛穴やその入り口」には脂を残さないこと。と言うのがベストな状態だということなのです。

 

頭皮には適度な脂分が必要です。外からの進入者を防ぎ乾燥を防止し、頭皮の潤いを保つ為にも少し必要なのです。

 

しかし毛穴や毛の根元にたまっている脂には老廃物や細菌が存在していて、それらと混ざった状態になっています。よってそれらは取り除く必要があります。あとシャンプーの残留物も問題です。

 

これらを取り除く為にも「丁寧で安全なシャンプーとシャンプー法」が必要なわけです。

 

つまりそれさえ守れば「毎日シャンプーをしても良い」と言うことになります。

 

但しその場合も、私としては「天然シャンプー」を強くお勧め致します。

 

 

殆どの、頭皮や脱毛の専門家はシャンプーによる頭皮の清潔化をうたっています。「毎日洗ってはいけない」という情報は鵜呑みにしないで頭皮の清潔化を心がけましょう。

 

又その逆に「毎日洗わなくてはいけない」と言うのも極論です。要は自分にあったベストな回数を見つけることが大切です。

 

しかし、最低2,3日に一度は正しくシャンプーすることが大切であると考えます。

 

下記の製品は比較的安全かと思われます。