理・美容師の上手なカットとは?What is a good hairstylist's cut?

good news!


理・美容師の上手なカットとは?What is a good hairstylist's cut?

 

 

理・美容師の上手なカットとは?What is a good hairstylist's cut?I write English below.

 

優秀な技術者は、「カット」の優れた技術者です。
では「優れたカット」とはどんなカット なのでしょうか?
ここではあなたが「美容室」や「理容 室」を選ばれる際の、ひとつの目安になる条件を提示したいと思います。

 

優れたカット
*お客様の希望のスタイルを、その方の顔やスタイルに「バランスよく」合わせているカット
:どんな髪型でも最後は「バランス」です。
似合うか似合わないかは、「バランス」がものをいいます。直感的にそれが解る技術者は、感覚を普段から「絵画」や「ファッション雑誌」を見て磨いているのです。
後、座ったときだけでなく「立ち上がった時の全体のバランス」まで考えることが大切です。

 

*シャンプーをしてタオルドライした時の「全体の形」が美しく自然である。
:美容師が汗だくになってブローしてまとまるようなスタイルは、お客様が御自分でセット出来ないのは目に見えています。「乾かしただけである程度のまとまりがある」というのは、大切な条件、それが出来る技術者は優れた方だと思います

 

*伸びてきた時も、まとまりがあるカット
:これも大切な条件。伸びてきて「まとまり」が悪くなってくるのはある程度仕方がないことです。しかし同じ伸びて来るとしても、「バランス」を保ちながら伸びてくるのなら、カットに行くまで、嫌な思いをすることはありません。
私のお店には、場所柄、あらゆるお店の常連さんが一元客として来られます。(大病院の中にあるのです」
だから多くの理・美容師の方のカットなされた髪を、触らせていただいております。正に「伸びて来た時の髪型」を見ているわけです。
すると「良いカット」と「問題のあるカット」がはっきりと見えてきます。
「良いカット」は短くするにも、もともと「美しいバランス」が保たれていますので、そのまま一センチなら一センチ、カットすれば形が出来上がります。
感覚的には「なんだか、触る所が無いなあ」という感じです。
逆に「問題のあるカット」は、「出来上がりをイメージして作っていかなくてはいけない」という感じで、あちこちいじります。(笑)「何故ここはこんな長さなの?」っていう感じがします。
そういう髪型の方は「いつも思うようには出来上がらないのよ」というご不満もしばしば…その方の特徴を捉えて「バランス」を正しく整えていないのです。
そんな技術者は、どこかの「講習」で覚えたスタイルを、杓子定規に当てはめて、どの方にも「同じ長さ」「同じカットライン」でカットしていきます。「頭を使っていない」のだ、と思います。

 

何しろ髪は10万本もあるのです。その組み合わせは無限。色んなカットラインが縦横無尽に考えることが出来ます。ある意味「幾何学」です。
自由な感覚で、お客様の「御要望」を一つ一つ確認しながら、「髪型」と「お客様の特徴」とのギャップを埋めていってくれる「技術者」を探しましょう。

 

先進成分のキャピキシル5%とピディオキシジル2%の高配合はこれだけです!【フィンジア】

 

 

 

What is a good hairstylist's cut?

 

An excellent technician is an excellent technician of "cut".
So what kind of cut is "excellent cut"?
Here, I would like to present conditions that will be one measure when you choose "hair salon" or "barber shop".
Excellent cut

 

* Cut that matches your style of hope "balanced" to that person's face and style?
:The end is "Balance" in any hair style.
Whether it matches or does not match, "balance" refers to things. Hairdressers who can understand it intuitively are honing their senses from the usual viewpoints of "paintings" and "fashion magazines".
Afterwards, it is important to think about not only when you sit down, but also "the whole balance when you get up."

 

* When shampooing and towel dry, the "overall shape" is beautiful and natural.
:It is visible that the style that the hairdresser becomes sweaty and it will be completed by blowing, that customers can not set themselves. "A certain degree of style is a good cut only by drying it", I think that an important technique, a hairdresser that can do it is a better person

 

* When you grow, style is better cut
:This is an important technique. It is unavoidable that the style gets worse as the hair grows. However, if it comes to growing, if you grow while keeping "balance", you will not feel bad until you go to cut.
In my shop, places, everyone can come as a one-time customer. (It is in the big hospital. "
I am looking at the hair that many hairdressers cut. It is just seeing "hairstyle when growing".
Then "good cutting" and "problematic cutting" become clearly visible.
Even if "good cut" is shortened, since "beautiful balance" is kept originally, if it is one centimeter, if it cuts it, shape will be completed if it cuts.
It is sensationally like "Somehow, there is no place to cut".

 

On the other hand, "problematic cut" is fiddled with the feeling that "I must create it by imagining the finish". "Why is this length like this?"
Those who have had their hair cut in such a way often complain that "I can not styling as I like it." Often the hairdresser thinks about the shape of the person's face and correctly balances the hair It is not.
Such technicians fit the style learned somewhere in the "class" to the style of the book, and cut it with "the same length" and "the same cut line" to any one. I think that they are "not using senses".
There are hundreds of thousands of hair at any rate. The combination is infinite. You can think of various cut lines. In a sense it is "geometry".
With a sense of freedom, while looking at each customer's "style of hope" one by one, find a "hairdresser" that fills in the gap between "hairstyle" and "customer's hope

 

 

関連ページ

髪に良いスタイル、多く見えるスタイル【男性編】
髪に良いスタイル、多く見えるスタイル【男性編】
髪に良いスタイル、多く見えるスタイル【女性編】
髪に良いスタイル、多く見えるスタイル【女性編】
カットの概要Cut overview
カットの概要Cut overview
前髪を切るコツ 詳細編
前髪を切るコツ 詳細編
サイドの髪を切るコツTips to cut the hair on the side
サイドの髪を切るコツをプロが伝授します。
ワンレングスカットの切り方
ワンレングスカットの切り方
くせ毛の切り方
髪のカットやブローの裏技

究極のエステシャンプー!

お役立ちリンク