薄毛治療法をランク付け

薄毛治療法をランク付け

 

 

男性型脱毛症について、初の診療指針をまとめたのは「日本皮膚科学会」です。

 

皆さんもよくご存知の、ミノキシジルやプロペシア等の治療薬や育毛剤成分、そして植毛などの対処法を5段階で評価したものです。

 

当然塗り薬「リアップ」(ミノキシジル)と、飲み薬「プロペシア」(フィナステリド)の2種は最も高いA評価とされた事は納得のいくことですね。

 

何故このような事を行ったのかといいますと、脱毛症の治療には、中には科学的な根拠が確かでない手法もあるためです。

 

あまりにも多くの育毛法や薬などが出回っているので、出来れ場すべての事例にこのようなランクづけをオーソリティーの下で行っていただきたいものですね。

 

ミッシェランのような「星いくつ…」見たいな感じで分かりやすく表示されれば、怪しげな手法は一掃されるかも知れません。

 

で、その信頼性なのですが、これらは、日本皮膚科学会が多く世界中の論文をもとに検証されましたので、間違いないようです。

 

そして、その結果からA、B、C1、C2、Dの5段階に分けられたのですから…。

 

たとえば、後頭部の毛組織を移植する自毛植毛はB、化粧品メーカーが商品化する育毛剤などに含まれる成分はC1というようにです。

 

他には、ある飲み薬は、十分な効果があるとして評価ができなかったのでC2、化学繊維を使った人工毛植毛は、拒絶反応などの報告が多いのでDとしされました。

 

(女のが男性型脱毛症になった場合、プロペシアはあまり効かずDとされました。)

 

対処方法はAとC1をまず推奨し、1年経過後に効果が表れない場合はBを勧める、というようなものです。

 

さすがですね。

 

これからは本来の「皮膚科治療」として確実に「育毛治療」が正しく行われる事を願っています。