再生医療で育毛に挑戦?

 

 

 

東京理科大学の辻孝教授グループは、人間の体から取り出した細胞で増毛を図る再生医療としての育毛に挑戦中です。

 

辻孝教授らは、「原基」という細胞の集まりに着目しました。原基は、これからどのような臓器や器官になっていくかがすでに定まっている細胞集団だそうです。

 

まず、マウスの胎児の体表から毛の原基を取り出して「上皮」と「間葉(かんよう)」の2種類の細胞に分けます。

 

その理由は、細胞を大量に増やす際、培養が効率的になるからだそうです。

 

そしてこの2種類の細胞を、狙った向きに毛が生えるように並べ替え,生えた毛を、一緒に育った周囲の皮膚ごと大人のマウスの背中へ移植することに成功したと伝えております。

 

自分の細胞から再生するのですから、拒否反応もないのでしょうか?

 

以前アデランスもアメリカの何箇所かの研究施設で「毛髪の再生治療」を研究中であるというような話をお伝えしましたが、あちらこちらでこのような「薄毛治療」が研究開発されつつあることは薄毛に悩む人にとっては心強いことです

 

ひょっとすると何年後かには「育毛剤」も「かつら」も全く必要のなくなる時が来るかもしれませんね。