ロングヘアーは抜けやすい?

ロングヘアーは抜けやすい?

ロングヘアーは抜けやすい?

*女性にとっては「ロングヘアー 」は一度はした事のあるスタイルですね。
最近は男性でも長くして、ちょんまげ風に縛っている方もおられます。
でも長い髪 が良いのか悪いのかが、気になるところです。 
つまり、「長い髪は抜けやすい」のかどうかということを、気になさる方がおられるのです。
抗がん剤なんかでも毛が抜け出すと、皆さん短くなさいます。 
これは「長いと抜けたとき目立つから」という理由がひとつ、そして、「短いほうが抜けにくい」と思ってのことがもうひとつの理由…。
実際は?といいますと、まず「短いから抜けにくい」ということはある程度はいえると思います。
髪が長いと、テンションがかかったり、引っかかったりして抜けたり切れたりします。
でもこれは物理的な力が加わった結果であって、生態的に抜けやすい体質になったわけではありません。 
もっと簡単に言えば、「ひっぱたりして抜ける髪は休止期か脱毛期の髪」だといえます。
つまりどっち道、自然に抜ける髪だいうことです。
ではなぜそんなうわさが立ったのでしょうか?
それは多分、長い髪は抜けたときに目立ちからだと思います。
いつも一定量の髪が抜けているのですが、短いと殆ど気がつかないのでしょう。 
まして髪の短い男性の場合はシャンプーをした時に見るくらいですから。
しかしここで注意しなくてはいけないことがあります。

それは「引っ張りすぎると、牽引性脱毛症になる 」というこわい話です。 
むかし、おばあちゃんが若かったころ(ヒイばあちゃんかな?)「まげ」を頭のてっぺんで結っていたころがありました。
その当時は誰でもが、やっていたヘアースタイルだったのです。
しかし、年をとってその方たちの多くが「牽引性脱毛症」になりました。 
つまり「天辺が脱毛してしまったのです!」かわいそうに、「まあるく」はげてしまったのです。
つまり、長時間、慣習的に髪を強くひっぱていると「脱毛の危険」があるのです。
ポニーテールや男性のちょんまげも、あまり強く引っ張ると
将来「脱毛の可能性」があるということですので、ゆるく結わえるようにしましょう。
いつも手入れをして、ブラシがスムーズに通っていればロングヘアーもOKです。

 

育毛革命!あなたの遺伝子が導く、あなたのための育毛剤【Persona(ペルソナ)】Persona(ペルソナ)は、画一的な育毛剤ではなく、遺伝子検査で遺伝子的特徴を読み、それぞれの課題に適合させた育毛剤をお届けするサービスです。
他の育毛剤で効果が見られなかった方に是非お試し頂きたいです。